ヒプノセラピー 退行催眠療法 前世療法 インナーチャイルドセラピー カウンセリングとTRE(トラウマ解放)…大阪のヒプノセラピールーム ライトウインドです。経験豊富なヒプノセラピストが対応します。大阪・神戸・京都・奈良・和歌山など関西の各方面からも至便でヒプノセラピスト養成 資格スクールも併設。

セッション中や時間外などは

お電話にでることができません。

その場合はメールフォームをご利用ください。

大阪市福島区福島5-16-20 K&Kビル202
  1. 【質問】催眠自体かかりやすい人と、かかりにくい人っているんですか?(前世療法・催眠療法)

【質問】催眠自体かかりやすい人と、かかりにくい人っているんですか?(前世療法・催眠療法)

アンジー様

【質問】          2007年08月08日
前世療法を試してみたいんですが、催眠自体かかりやすい人と、かかりにくい人っているんですか?

 

【ヒプノセラピストより返信】 08月09日
アンジー様

はじめまして。 
お問合せの件ですが、誤解を恐れず即答いたしますとイエスです。
催眠状態とは自分で意識できる意識(顕在意識)と自分では気づかない無意識(潜在意識)とがつながった状態です。
ほとんどの人は一日に何回もそういう状態になります。
この状態はたとえば、読書に没頭して我を忘れているとき、スポーツ、映画など日常多く含まれます。
ただ意識(顕在意識)はそのつながりを認識できにくいので、セラピー後でも私は催眠に入っていないと思われるケースもあります。
そのためにセッションでは確信体験もしていただいております。
またセラピーの現場で催眠に入っていないと思われる方は、理論的、批判的、固定観念が強いなどの方は自覚されにくいようですね。
セラピーは催眠状態にするのが目的ではなく、その状態を利用した心理セラピーです。
従いまして相談者のセラピーを受ける動機付けやモチベーション、そしてセラピストとの相性や力量などもセラピーそのものにも影響いたします。
その他、いろいろなケースが考えられますが、紙面(?)の都合でこれくらいにいたします。
尚、当ルームでは退行催眠療法が初めての方は、前世療法よりも年齢退行療法をオススメしております。
その他、ご質問などは遠慮なくお問い合わせください。
ご投稿ありがとうございました。
    黒田